引っ越し 大きいものだけ

引っ越しではどこまで大きいものの梱包をすればいいの?

引越し業者に頼むとき大きい荷物の梱包はどこまで?

 

引越し業者に依頼した時に、どこまで大きいものの梱包をすればいいのか迷う時があります。

 

まず各引越し業者のプランやサービス内容によって差異があるのを理解しておいてください。特に荷物が少ない単身引越しの場合は、全てお客様におまかせというケースがあります。

 

ただし、2名以上の家族の引越しであればタンスや食器棚、食卓テーブルやローチェストなどの大型、中型家具の梱包は引越し作業員でしてくれます。

 

冷蔵庫やテレビなども引越し業者側で対応してくれます。その上で引越し業者からは、ダンボールに入る物は全て梱包して欲しいという指示がされると思います。引越し業者では大きいダンボールと小さなダンボールが用意されることが多いですが、大きいダンボールに収まる荷物なら入れて欲しいとのことです。

 

トースターはかなり微妙な線ですが、ミキサーや固定電話は梱包しておいて欲しいと思うかもしれません。また家電の梱包は購入時の箱が残っているのであれば、それを使った方がより安全です。箱の強度も高いし、発砲スチロールなどでクッション性が高いからです。

 

ただし、判断に迷うような荷物に関しては梱包を後回しにしても良いと思います。そのような家電にダンボールを使いすぎて、もっと小さなものを入れるための資材が足りない方がよほど困るからです。

 

仮にダンボールが余っている状態で、小型家電もそのまま残っているなら作業員がダンボールを使って梱包するかもしれません。その方がより安全に、より早く運べるからです。

 

引越し料金を少しでも安くしたい方は大きいものだけの依頼も検討してみましょう。
引っ越しを大きいものだけ業者に依頼すれば費用も格安?
引越し料金は大きいものだけにすれば見積もりも安い?